フラワーアレンジメント 資格

MENU

フラワーアレンジメント資格を取得するには?

フラワーアレンジメントに関する仕事に就きたいと考えている方にとって、「資格」というのはとても重要になるものです。

 

ただ、フラワーアレンジメントの仕事に就くにあたり、必須とされている資格はありません。

 

そのため、すぐにでもフラワーアレンジメントの仕事に就く事が出来るのですが、知識や技術がない状態ではお客様の要望に応えていくことは出来ません。

 

お客様の要望に応えたり、より素敵なフラワーアレンジメントを行う為には、やはり関連する資格を取得することが大切になります。

 

では、フラワーアレンジメントの資格を取得するには、どうすればいいのでしょうか。

 

まずは取得したい資格について調べる

フラワーアレンジメントの資格と一言で言っても、その種類はとても多くあります。

 

国家資格と民間資格があり、民間資格に至ってはかなりの種類が存在しているのです。

 

それぞれの資格認定団体によって、資格試験の受験資格や内容、どのような能力を証明するものなのかということが異なります。

 

そのため、まずは自分が取得したい資格について、調べておく事が大切になってきます。

 

例えば、お花屋さんや葬儀専門店に勤務したいという場合、フローリスト検定という資格がおすすめとなります。

 

生花店や冠婚葬祭生花部門に特化しているライセンスとなりますので、専門的に知識や技術を身につけていくことが出来ます。

 

また、ホテルなどでブライダル関連のフラワーアレンジメントを行いたいという場合、フラワーカラーコーディネーターという資格がおすすめです。

 

花嫁様のドレスに合ったブーケの作成やテーブルコーディネートの提案なども身につけることが出来ます。

 

このように、自分の目的に合わせて資格を取得できるように、事前に調べるということが大切なのです。

 

取得の仕方は資格によって異なる

では、どのように資格を取得すればいいのかというと、取得したい資格ごとの受験資格をクリアする必要があります。

 

つまり、資格認定団体によって異なる受験資格を把握し、それにあった方法をとらなくてはならないということです。

 

例えば、先ほどご紹介しましたフラワーカラーコーディネーター(FCC)の1級資格試験では、FCC2級を取得後に6ヶ月経過しており、FCC1級所定課題履修を修了した協会員となっています。

 

この受験資格を満たさなくては試験を受験することが出来ないため、まずはFCC2級の試験を受験しなくてはなりません。

 

2級試験では、FCC2級所定課題履修修了者であることが受験資格となりますので、所定課題を履修することが出来るスクールなどに通わなくてはなりません。

 

このように、資格を取得するためには、それぞれの資格試験の受験資格に合わせて行動する必要があるということなのです。