菊花園芸士

MENU

「菊花園芸士」とは?

ガーデニングやフラワーアレンジメント関連の資格として、「菊花園芸士」という資格があります。

 

菊花園芸士という資格名は、あまり聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

一体どのような資格なのか、見ていきたいと思います。

 

菊花園芸士ってどんな資格?

菊花園芸士とは、日本園芸協会が認定している資格です。

 

菊づくり技能講座という講座を受講することによって、菊花園芸士の資格を取得することが出来ます。

 

こちらの資格取得講座では、菊の栽培方法から三本仕立て、福助づくりなど、本格的な菊づくりの知識や技術を身につけることができるようになっています。

 

大きくて立派な菊を咲かせることができるようになれば、趣味の一つとして長く続けていく事ができるのではないでしょうか。

 

講座では、大菊や小菊、古典菊の仕立て方、月別の栽培管理、観賞方法などを学ぶ事が出来ます。

 

さらに、品評会の審査基準や入賞ポイント、菊の植物学的知識なども身につきます。

 

こだわりをもって菊づくりが行えるようになるほか、自分の実力としてアピールすることが出来る資格となっています。

 

講座の内容は?

ここで、菊花園芸士の資格が取得できる菊づくり技能講座の内容を、少しだけご紹介しておきたいと思います。

 

キクの系統と品種、キクを育てる、培養場、水やり、肥料と施し方、病害虫と防除、生長の抑制と促進、キクの増やし方、品種改良、飾り方、品評会の入賞ポイント、大ギクの仕立て方、古典ギクの仕立て方、広のしの仕立て方、盆栽づくり等など。

 

このような内容を学んでいく事になります。

 

品評会についての知識も身につけることが出来ますので、自分が育てた菊を出品する際にも安心です。

 

こちらの講座は、講師陣に園芸界の有名な方が多数おられるというのも魅力です。

 

専門家が執筆しているテキストを使用しますので、基礎から応用までしっかりと学ぶ事が出来ます。

 

分かりやすい技術解説があり、コツがひと目で分かるようになっています。