フラワーアレンジメントデザイナー

MENU

フラワーアレンジメントデザイナーとは?

「フラワーアレンジメントデザイナー」とは、日本デザインプランナー協会(NFD)が認定する資格です。

 

同協会が年に6回開催する認定試験への合格によって、資格取得が可能となります。

 

認定試験は年6回

認定試験の概要は次の通りとなっています。

 

・受験資格:なし
・受験料:1万円(消費税込み)
・受験申請:インターネットからの申込み
・試験期間:毎年偶数月の1カ月間※期間中に解答し、提出期限までに返却用封筒で解答用紙を返送する
・受験方法:在宅受験OK
・合格基準:正答率70%以上

 

受験資格が“ない”とは、ちょっと不思議ですが、これは、協会の認定スクールが通信講座で、スクールへ足を運ぶことなく受講し、講座の修了によって認定試験の受験となるためです。

 

受験は在宅で行う形で、他に仕事を持つ人や学生さん、主婦には重宝と言えましょう。

 

受講は通信講座

スクールは、「諒(りょう)設計アーキテクトラーニング」という1級建築士事務所(東京都港区)が主宰する「フラワーアレンジメント資格講座」です。

 

学習内容は、花ばさみなど用具の使い方や水揚げを覚える「Lesson1.フラワーアレンジの基礎」からスタートし、花材の扱い方などをひと通り学習する「Lesson2.アレンジのテクニック」、基本から実践に移る「Lesson?3.アレンジの実践」、最後にこれまでの学習から身につけたアレンジを応用しての「Lesson4. アレンジの応用」となっています。

 

学習と同時に、資格試験に向けて練習問題や添削課題をこなしていきます。

 

添削課題ではプロのアドバイスを受ける事が出来、課題をすべて終えることによって、『講座卒業』とされ、「フラワーアレンジメントデザイナー」の資格試験が受験できます。

 

平成26年度の認定試験の結果は、受験者数4298人に対し、合格者数は1384人で、合格率は32.2%でした。速い人では約2カ月で資格を取得しているそうです。