フラワーデコレーター FDA

MENU

フラワーデコレーター(FDA) とは?

FDAとは、「フラワーデコレーター協会」(Flower Decorators Association)の略称で、1990年に設立されました。

 

目的は、「フラワーデコレーションを普及し、さらにフラワーデコレーションの技術向上をもって文化に寄与する」(同協会)というもので、現在、全国規模の組織となっています。

 

社会活動にも力を入れ、パーキンソン病の入院患者さんへのアレンジメント講習や老人施設でのアレンジメント講習なども行っています。

 

FDA 3・2・1級

花に対する知識と技術を認定するための試験として、1994年から、資格「フラワーデコレーター2級ライセンス試験」、1996年には「フラワーデコレーター1級ライセンス」の資格試験をスタートさせ、合格者の資格認定を行っています。※以下、フラワーデコレーターをFDAと略します。

 

FDA 3・2・1級について、資格取得への流れをご説明しましょう。

 

資格取得には東京の直轄校をはじめ、全国各地に点在する協会の認定スクールに入学し、既定のカリキュラムを受講・修了する必要があります。

 

まずFDA 3級ですが、こちらは「ウチ花レッスン」と名付けられた所定のカリキュラムを受講します。受講終了後は試験を受ける必要がなく、登録申請を行うことによって取得できます。

 

FDA 2級以上へのステップアップには認定試験への合格が必要で、学科・実技の試験となっています。

 

また、FDAの2級会員として登録すると、認定教室を開講し、FDA 3級レベルの講座を開くことが可能となります。

 

FDA 2級取得後、上級資格のFDA 1級を取得し、FDA 1級会員となると、認定スクールを開講、FDA 2級レベルの講座を担当することが可能となります。

 

資格取得後

フラワーデコレーターとして花店や結婚式場などに勤務するほか、社会福祉施設や学校のフラワーアレンジメント講座の講師としても活動するなど、フラワーアレンジメントの専門家としての可能性が広がります。