フラワーデザイナー資格検定試験 NFD

MENU

NFD認定「フラワーデザイナー資格検定試験」とは?

お花のデザインに関する資格というのは、とても多くの種類のものが存在しています。

 

民間資格がほとんどになりますが、公益法人が認定している資格は、NFD(日本フラワーデザイナー協会)認定のフラワーデザイナー資格のみとなっています。

 

今回は、こちらのフラワーデザイナー資格についてご紹介していきたいと思います。

 

NFD認定フラワーデザイナー資格ってなに?

フラワーデザイナー資格は、NFD(公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会)が認定している資格です。

 

昭和42年よりフラワーデザイナー資格検定試験が開始され、45年以上の歴史があるものとなっています。

 

花が好きな方であれば、いつでもチャレンジすることが出来る資格試験です。

 

資格には、3級フラワーデザイナー、2級フラワーデザイナー、1級フラワーデザイナーの3つの級があります。

 

1級へとステップアップしていくことで知識や技術を向上させ、フラワーデザイナーとして活躍していくことが出来ます。

 

1級フラワーデザイナー

3級や2級で身につけた基礎知識や技術から、自分で考えて作り出す力をつけるためのレッスンを受験し、試験に挑戦することになります。

 

2級フラワーデザイナー

基礎に加えて、十分な技術と知識を身につけることができます。

 

3級フラワーデザイナー

基礎技術と基礎知識について学ぶ事が出来ます。

 

それぞれの試験は学科試験と実技試験となっており、受験資格が設けられています。

 

受験するためには、NFD講師もしくはNFD公認校にて必要な単位を認定してもらわなくてはなりません。

 

NFD認定校は、全国に約450校あり、NFD講師は全国に約11,000名おられますので、地域によって単位が取りづらいということはなさそうです。

 

認定校の中には、珍しい花をたくさん使用することで、季節感あふれるデザイン性がとても高いアレンジを行う事が出来るカリキュラムを用意しているところもあります。

 

そのようなところで学ぶ事で、資格取得後の実践にかなり役立つと言えます。

 

試験を取得するまでの目安として、3級を受験するまでに約6ヶ月から1年程度の時間が必要となります。

 

1級取得後には、NFD講師やNFD本部講師、NFD名誉本部講師といったような称号も用意されています。