フラワーデコレーター FDA

MENU

FDA認定「フラワーデコレーター」とは?

花が好きで、アレンジしたり人に贈ったりすることを楽しいと感じる方もいらっしゃると思います。

 

フラワーコーディネーターとして活躍したいという夢がある方は、何かしらの資格を取得しようとされるのではないでしょうか。

 

FDAライセンスと呼ばれている各種FDA資格の一つに、フラワーデコレーターという資格があります。

 

フラワーショップの求人情報にも記載されることがあるFDAライセンスの一つということで、知っておくといいかもしれません。

 

ここでは、FDA認定フラワーデコレーターについて、ご紹介していきたいと思います。

 

フラワーデコレーターってなに?

フラワーデコレーターという資格は、FDA(フラワーデコレーター協会)が認定している民間資格となります。

 

フラワーコーディネーターとして活躍していくために必須となる資格はありませんが、このような資格を取得しておくことで、就職や転職に有利となることがあります。

 

フラワーデコレーター資格は、以下のような資格です。

 

・フラワーデコレーションの基本デザインが出来る
・カラーコーディネートが出来る
・花の選び方を身につける
・感性や想像力、表現力を身につける
・生活環境に応じてデザインが出来る

 

このようなことを目的としている資格です。

 

フラワーデコレーターの試験概要

次に、フラワーデコレーターの資格試験についてご説明していきます。

 

フラワーデコレーターは、FDAと呼ばれています。

 

このフラワーデコレーターの資格試験には、1級・2級・3級の試験があり、1級と2級には受験資格が設けられています。

 

FDA1級の受験資格

FDA2級会員(在籍1年以上)かつFDA1級の所定課題履修者

 

FDA2級の受験資格

FDA2級の所定課題履修者

 

試験は1級・2級ともに、理論試験と実技試験の両方が行われます。

 

3級においては、修了試験などがなく、講座内の必須カリキュラムを提出し、FDAに取得申請を行い受講を修了することで、資格を取得することが出来ます。

 

試験は、花に親しむ楽しみを学ぶ3級から取得し、その後2級や1級へとステップアップしていく方法と、花の扱い方や基本的な技術を学ぶ事が出来る2級から取得し、その後1級にステップアップするという方法があります。

 

FDA2級会員になれば、FDA3級対応の講座を開講することが出来ます。

 

FDA1級会員になれば、FDA2級対応の講座を開講することが出来ます。

 

自分のスキルとして仕事などに活かすだけではなく、講師として開講することも出来るライセンスとなっています。