ジェルマスター認定

MENU

ジェルマスター認定とは?

“奇跡の花”を美しいままで

「アイスフラワー」をご存じですか?

 

ベルギーで誕生した技術で、生花を瞬時に凍らせて乾燥(=フリーズドライ)させたもので、色彩・形ともに、開花時の最も美しい状態を保つことができ、“奇跡の花”とも呼ばれています。

 

このアイスフラワーをジェルに封じ込め、より長く美しい姿をとどめることを可能としたのが「ジェルボックス」です。

 

透明なアクリルのボックスにジェルを流し込んで花々を美しく立体的に固定し、鑑賞して楽しむもので、花と写真、小物などを組み合わせるなどさまざまな作品が作れ、結婚式や記念品、プレゼントとして人気を高めつつあります。

 

ジェルマスターとは?

ジェルボックスの技術を学ぶスクール「日本アイスフラワーアカデミー」(JIFA)も2008年東京・青山に開校に誕生しました。

 

現在、同校では、ジェルボックスを趣味として学ぶ人向けのクラスのほか、将来プロとして制作を続けたい人に向けてのクラスを設け、「ジェルマスター・認定3級」「同・2級」「同・1級」の認定を行っています。

 

クラスをご紹介しましょう。

 

◇ジェルマスター・認定3級…1ステップ2時間の講座を3ステップ受け(計6時間)、最後に認定試験に合格することによって取得できます。

 

受講内容:アクリルの保護・ジェルの温度管理・ジェルの皮膜処理・ジェルの充填・ジェル除去方法など。

 

◇ジェルマスター・認定2級…2時間半のレッスンを2回、3時間のレッスンを1回受講し(計8時間)、受講後の認定試験への合格によって取得できます。

 

受講内容:空気処理・気泡の作り方・アイスフラワーの咲かせ方・ボックスサイズ別の花の選び方・原価計算など。

 

◇ジェルマスター・認定1級…3時間半のレッスンを3ステップ受講後(計10時間半)、認定試験への合格によって取得できます。

 

受講内容:奥行き感の作り方・オリジナル柄の作り方・温度と硬化時間の計り方、他。

 

同校では、3級と3級の通信講座も開講しています。