フラワーアレンジメント 資格 就職

MENU

フラワーアレンジメント|資格を取得して就職するには?

資格は仕事の端緒

将来、フラワーアレンジメントの仕事に就きたい!という人ならば、関連の資格を取得することは、1つの大きな目標となります。

 

安いとは言えない受講料を払い、教室に通ってコツコツとステップアップしてきたのですから、上級の検定に合格した時は、自分にごほうびをあげたくなっちゃいますよね♪

 

かと言って、資格取得・イコール・就職という図式が成立しにくいのが、フラワーアレンジメントの世界です。

 

求人サイトを見ても、結婚式場や葬祭会場、花屋さんなどの求人は、ほとんどが“実務経験者”を求めており、新人さんにはなかなか口がないのが現状です。

 

コミュニケーション/接遇能力は必須

実務経験者が求められる理由は、何をおいても、この仕事の性格が、相手(クライアントやお客さん)あってのもの、ということに尽きるでしょう。

 

結婚式場で、式場スタッフやお客さんと円滑にコミュニケーションできるか?同僚とのチームワークがきちんとこなせるか?

 

花屋さんに勤務するにしても同様です。すてきなブーケが作れるうえに、接遇も感じがよい人、ということはとても大切です。

 

フラワーアレンジメントの担当者はアーティストではありません。

 

センスや技量も大切なポイントですが、花に触れるより先に、この世界で一社会人として生きるために、マスターしなくてはならないことは数多くあるのです。

 

学んだことがだんだん生きてくる

新人さんの求人は少ないかもしれませんが、まずは、求人情報サイトをつぶさにチェックして、就職先を探し、関連の職種に就くこと。これが第一歩です。

 

はじめのうちは有資格者ということは意識の外に置いて、目の前に与えられた仕事をきちんとこなしていきましょう。

 

仕事に必要なコミュニケーション能力を高め、現場を経験し、新人さんから脱却したと第三者から認められてはじめて、仕事の表舞台に近づくことができるのです。

 

その時、フラワーアレンジメントを学び、資格を取得してきたことの意味をかみしめることができるでしょう。