フラワーアレンジメント 生け花

MENU

「生け花」と「フラワーアレンジメント」の違いとは?

現在では、お互いに影響を受け合い、それぞれの表現に接近が見られるようになっている「生け花」と「フラワーアレンジメント」ですが、大まかな相違点はどのようなことでしょうか。

 

生け花:簡素の追求

生け花は、日本の伝統芸術の1つです。

 

四季おりおりの花と灌木の枝を組み合わせて剣山に留めて花器に生け、床の間などに置いて鑑賞します。

 

古典的な“立花”“生花”“盛花”、モダンな“自由花”などの生け方があり、わずか数本の花や枝が、床の間という小さな空間で、あたりを払う存在感を示します。

 

剣山を使わず、一見無造作に花器に投げ入れたように見せる“投入(投げ入れ)”という手法もあります。

 

古典的な「池坊」から、花以外の素材を使い、モダンとされる「草月流」まで、多数の流派があります。

 

場を重んじる生け花には、西洋式のブーケのようなポータブル性はなく、あくまでもその場所にとどまった展示がなされるのみとなっています。

 

西欧:デコレーション

片や、フラワーアレンジメントは、西欧の絵画でもおなじみですね。

 

季節のさまざまな花を調和させ、装飾性豊かに作り上げるもので、花の形と色彩、花瓶や籠などの花器との組み合わせをを総合的に考えながら、最も美しいアレンジメントを目指すものです。

 

生け花との違いは、何よりその“見た目”でしょう。

 

生け花とフラワーアレンジメントの違いとして、大きくは、生け花の“マイナスの美学”に対して、フラワーアレンジメントは“デコレーション”とも表現されています。

 

生け花はシンプルそのものですが、フラワーアレンジメントは見栄えが華やかです。

 

誕生祝いをはじめとした贈りものをはじめ、結婚式場やパーティなどのイベントには欠かせない存在となっています。

 

また、花言葉でも知られる通り、花によって自分の感情を表現することもできます。

 

愛する人に深紅のバラのブーケを贈ることは「I Love You」の表現ですが、生け花ではまず不可能なことではないでしょうか。