フラワーアレンジメント 資格

MENU

フラワーアレンジメント資格とは?

フラワーアレンジメントの資格は、年齢を問わず主に女性に人気のある資格となっています。

 

このフラワーアレンジメントの資格には、国家資格や民間資格などが存在しています。

 

フラワーショップやホテルなどで勤務するためにフラワーアレンジメントの資格が欲しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、フラワーアレンジメントの資格についてご説明していきたいと思います。

 

フラワーアレンジメント資格は必須なの?

フラワーアレンジメントの資格は、趣味でフラワーアレンジメントを行っているという方や、ショップやホテルなどに勤務したいと考えている方などに人気があります。

 

このフラワーアレンジメント資格、実は取得していなくてもフラワー関連の仕事に就く事が出来るのです。

 

ただ、フラワーアレンジメントを依頼されるお客様は、プロであることを前提に依頼されますので、お客様の要望に応える必要があります。

 

そのためには高い知識や技術が問われる事になり、無資格の状態では、お客様の要望に応えるアレンジメントはできないとも言えます。

 

そう考えると、フラワーアレンジメントの資格は取得しておくべきとも言えるのです。

 

では、フラワーアレンジメントの資格にはどのような種類のものがあるのか、見ていきましょう。

 

フラワーアレンジメント資格にはどんなものがある?

フラワーアレンジメントの資格にはどのような種類のものがあるのでしょうか。

 

まず、この資格には、国家資格と民間資格が存在しています。

 

国家資格

フラワー装飾技能士

 

民間資格

フラワーデザイナー1級、2級、3級・・・NFD(日本フラワーデザイナー協会)
フラワーデコレーター1級、2級、3級・・・FDA(フラワーデコレーター協会)
フラワーカラーコーディネーター1級、2級・・・FDA(フラワーデコレーター協会)
FDAプリザーブドフラワー1級、2級・・・FDA(フラワーデコレーター協会)
フローリスト検定1級、2級、3級、4級、5級・・・FDA(フラワーデコレーター協会)
アーティフィシャルフローリスト・・・JAFA(日本アーティフィシャルフラワー協会)

 

など、このような資格があります。

 

取得するにあたり、資格を認定している協会が指定する認定校や講師から学ぶ必要があるものもありますので、事前に調べておく必要があります。

 

在宅試験となるような資格も存在していますので、自分が学びやすいと感じるものを取得することがおすすめです。

 

フラワーアレンジメントの資格は、仕事をする上で必須となるわけではないにせよ、自分の知識や技術をアピールしたり証明したりするために取得しておくことがおすすめです。