プリザーブドフラワーライセンス FDA

MENU

FDA認定「プリザーブドフラワーライセンス」とは?

プリザーブドフラワーという花をご存知でしょうか。

 

よくブリザーブドフラワーというように間違えて覚えていらっしゃる方も多いのですが、正しいのは”プリザーブドフラワー”です。

 

このプリザーブドフラワーは、生花とは異なる特殊な素材を扱って行うため、技術や知識が不可欠となります。

 

趣味の範囲で楽しみたい場合であっても、しっかりと知識や技術は身につけておきたいところです。

 

そこで、プリザーブドフラワーについての基礎からコーディネート間で学ぶ事が出来る、FDA認定のプリザーブドフラワーライセンスについてご紹介していきたいと思います。

 

プリザーブドフラワーライセンスって何?

プリザーブドフラワーライセンスは、FDA(フラワーデコレーター協会)が認定している資格です。

 

こちらの資格は、プリザーブドフラワーの特徴をふまえ、基本的な知識や技術を認定しているものとなります。

 

・プリザーブドフラワーの基礎知識を身につける
・資材や道具の使い方を身につける
・色彩の知識を身につける
・配色テクニックを身につける
・基本テクニックを身につける

 

このようなことを身につけることが出来るライセンスとなっています。

 

プリザーブドフラワーは特殊な花であることから、しっかりと知識や技術を身につけることで、より魅力的な作品を作っていくことが可能となります。

 

プリザーブドフラワーライセンスの試験概要

プリザーブドフラワーライセンスは、FPFと呼ばれています。

 

こちらの資格には1級と2級のライセンスがあり、いずれの試験でも理論試験と実技試験の両方が行われる事になります。

 

また、それぞれの試験には以下のような受験資格が設けられています。

 

FPF1級の受験資格

FPF2級会員かつ、FDAプリザーブドフラワー講座所定課題履修修了者

 

FPF2級の受験資格

FPF2級対応レッスン所定課題履修修了者

 

所定の講座では、FDA独自のフラワーカラーを取り入れ、制作する目的などに合わせた配色テクニックなどを身につけることが出来ます。

 

色彩の魅力にも触れることが出来ると同時に、センスや感性などを磨いていくことが可能です。

 

また、1級に対応している講座の場合、サイズ調整から特殊なワイヤリングなどのテクニック、季節の行事や花材について等幅広く学ぶ事が出来ます。

 

FPF1級ライセンスを取得することで、FPF1級ライセンス受験指導を行う事が出来る様になります。

 

FPF2級ライセンスを取得することで、FPF2級ライセンス受験指導を行う事が出来る様になります。